【画像】創建640年“ネコだらけの寺”僧侶の活動の一環とは !!

素晴らしすぎる!

NO.9838507 2021/09/14 22:51
創建640年“ネコだらけの寺”僧侶の活動の一環とは
創建640年“ネコだらけの寺”僧侶の活動の一環とは
 コロナ禍でペットの飼育放棄が問題になるなか、ネコだらけの、ある「お寺」が注目されています。

 地域住民:「『オイ!』みたいな感じで小さい子たちを追い回しているのを目撃した」

 千葉県の住宅街に小さい子を追い掛ける不審人物が出没するといいます。

 被害に遭っているのは地域で暮らすネコです。

 草切榮隆さん(50)はネコの保護活動をしています。この日は不審人物の情報を聞き付けてパトロールをしました。

 一般社団法人こちねこ・草切榮隆代表:「棒を持って追い掛けているって?」

 通行人:「前ね、背中が傷付いている子がいて。それで看板を立ててもらった」

 実は草切さんは異色の経歴を持つ人物…。

 なんと住職です。

 千葉市にある、創建して640年になる「本円寺」。

 このお寺では現在、26匹の保護ネコが暮らしています。なかにはこんなネコも…。

 本円寺・草切榮隆住職:「大変だ、大変だ、ということで、そのまま預かってきた子たちです」

 生後12日の子ネコ4匹は、親ネコを保護してからほどなくして生まれたといいます。

 お寺でくつろぐネコたちに訪れた人たちは驚きを隠せません。

 このお寺でネコの保護団体を設立してから、これまでに50匹を譲渡しているといいます。

 子どものころから動物と接し、身近な命として向き合ってきた草切住職。

 ネコの保護活動は僧侶の活動の一環でもあるといいます。

 草切住職にはネコの保護活動を通して実現したい夢があるといいます。

 本円寺・草切榮隆住職:「今、全国で空き寺がたくさんあるんですね。建物の中に保..
【日時】2021年09月14日 19:55
【ソース】テレビ朝日
【関連掲示板】

比丘 (僧侶からのリダイレクト)
比丘(びく、巴: Bhikkhu、梵: Bhikṣu)は、仏教において出家し、具足戒を守る男性の修行者である。女性の出家修行者は比丘尼(びくに, Bhikkhunī)。 比丘の生活は涅槃に達することを目的としており、質素な生活を送ることで、自身の修行の助けとなるよう設計されている。 インドでは紀元前
5キロバイト (533 語) - 2021年8月14日 (土) 21:21








#1 [匿名さん] :2021/09/14 22:52

あん?💢


#2 [匿名さん] :2021/09/14 22:53

境内は糞だらけだろ


#3 [匿名さん] :2021/09/14 23:03

>>2
きちんと掃除されていますよ
行ったことないくせに偉そうに物言うな


#9 [匿名さん] :2021/09/14 23:44

>>2
ちゃんと決められたトイレでするよ

猫知らないの?


#13 [匿名さん] :2021/09/15 00:43

>>2と違って躾られてるから


#6 [匿名さん] :2021/09/14 23:29

招き猫


#7 [匿名さん] :2021/09/14 23:33

ご本尊は、爪研ぎかな😃


#8 [匿名さん] :2021/09/14 23:42

殺生が1番重いんだっけ?


#14 [匿名さん] :2021/09/15 03:48

1匹譲ってほしいニャン😍


#16 [匿名さん] :2021/09/15 03:55

記事)本円寺・草切榮隆住職:「今、全国で空き寺がたくさんあるんですね。建物の中に保護ネコ施設。その地域に住む保護ネコ家さん、ボランティアさんが、その空き寺に集う。安全な町づくりができていくんではないかと」

自分は業界関係者です

誰もいない無人の寺をネコの保護施設にするんですか・・

何か違うような気もしますが


#18 [匿名さん] :2021/09/15 07:14

税金で市役所保健所は動物園も運営してます。一方、殺処分もしてます。 もう係わってる人間は呪われてますよ。 皆で町猫や保護猫を守ろう。猫島のように


#19 [匿名さん] :2021/09/15 07:16

>>18
この酷い無惨な人間の現実。自分が保健所で命令されたら辞めるよ。市役所なんて! 人間として


#20 [匿名さん] :2021/09/15 07:17

酒や女遊びの煩悩クソ坊主より

ずっと信頼できる


#23 [匿名さん] :2021/09/15 09:00

命を本当に大切にするお寺さん