【動画】「ジャガーにマタタビ」スリスリゴロにゃん止まらない!?

大きな、ねこ!

NO.9628644 2021/07/02 08:26
「ジャガーにマタタビ」スリスリゴロにゃん止まらない!? ナゾ解明に全面協力した猛獣ネコたちが可愛すぎる! 大阪市
「ジャガーにマタタビ」スリスリゴロにゃん止まらない!? ナゾ解明に全面協力した猛獣ネコたちが可愛すぎる! 大阪市
 体をスリスリ、地面をゴロゴロ…「ネコにマタタビ」だから当然でしょ。…って、ネコはネコでも動物園のヒョウやジャガーじゃないですか!! そのとろけ具合はいつものカッコ良さがネコ被りだったかと疑うほど!? ネコのマタタビ反応は古くから知られることですが、未解明だった理由を探る実験に動物園の猛獣系ネコが全面協力。酔っ払って気持ちいいだけじゃない、とても実用的なワケがありました。

■ヒョウもジャガーも?動物園全面協力!
 マタタビは落葉ツル性植物。ネコはマタタビを舐めたり、噛んだり、顔を擦り付け、ゴロゴロ転がるといった反応をします。生物の行動には必ず理由があるはずと、岩手大学農学部の宮崎雅雄教授、大学院生の上野山怜子さんらの研究チームは、マタタビの葉の抽出物を分離してネコに嗅がせ、どの成分に反応しているか詳細に調査したのです。その結果、反応している成分は「ネペタラクトール」という物質だと判明。

 では、大型ネコ科動物でも同じなのでしょうか?というわけで、白羽の矢が立ったのが大阪市の天王寺動物園と神戸市立王子動物園。王子動物園で2020年2月の休園日に行われた実験には、アムールヒョウ、ユキヒョウ、ジャガー、ボブキャット、オオヤマネコ、マヌルネコが参加しました。当時来園間もなかったアムールトラと、高齢だったライオン夫婦以外は全面協力です。

 ネペタラクトールを染み込ませた濾紙と、何もつけてない濾紙に対する反応をカメラで撮影したところ、アムールヒョウは部屋に入るなりネペタラクトール濾紙にロックオン。身体を擦り付け入念に塗り込むかのような..
【日時】2021年07月01日 12:55
【ソース】まいどなニュース
【関連掲示板】

マタタビ(木天蓼、英: Actinidia polygama)は、マタタビマタタビ属の落葉蔓性木本である。別名夏梅ともいう。 和名のマタタビの由来については、古くは『本草和名』(918年)に「和多々比」(わたたひ)、『延喜式』(927年)に「和太太備」(わたたび)の名で見える。
15キロバイト (1,980 語) - 2021年2月27日 (土) 02:01








#7 [匿名さん] :2021/07/02 08:46

>>0
『ピューッと吹くジャガー』出て来いジャガー♪


#1 [匿名さん] :2021/07/02 08:29

ジャガー横田再び


#2 [匿名さん] :2021/07/02 08:29

虎もだろ


#3 [匿名さん] :2021/07/02 08:30


にゃんこ科は可愛いな


#4 [匿名さん] :2021/07/02 08:34

人間の男のマタタビは女の股


#5 [匿名さん] :2021/07/02 08:42

>>4
太腿なんだが


#6 [匿名さん] :2021/07/02 08:44

わいは肉球をクンクンするのが好き


#8 [匿名さん] :2021/07/02 11:07

森に入るときはマタタビを持って行った方が良さそうだな